読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怜(さとし)でフラワーホーン

一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの辛さがあるようです。または、昨今の介護士不足の影響から休みを取る暇がないケースもあるでしょう。


こうした状態を変えたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、これを期に転職を検討してみてはいかがでしょうか。職場を移りたい、と考える介護士は意外なほど多いようです。

慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。例えば今現在、勤め先でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。


三重県松阪市 櫛田駅 介護福祉士募集
介護施設にもよるのですが、介護士がもらえる報酬は、他と比べると、女性の仕事としては、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。介護現場という、人命のかかった職場であり、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が間違いなくもらえる、というのも大きいです。


誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないといった介護士の場合、そうでない人たちより高めになります。

介護士の職は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

介護士がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドが適切に配慮することが重要だということは言うまでもありません。
パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる介護士業ですけれど、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。



ですが実のところ、介護施設という職場以外の場所においても、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。
どうしても介護施設でなければ働けない、ということは全くなく仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。同じ介護士であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。



では、パート介護士の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。


これを単純にパートの時給とみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、つくづく安い値段ではないでしょうか。

職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが介護士です。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。


それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる場所で働けるようになるはずです。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。


少々昔の話ですが、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られることを、知らない人はあまりいないはずです。
何しろ介護士の給料といえば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに介護士は給料の高い専門職だということです。介護士という仕事に就いていると、その他の職業と比べて待遇がいいのも事実です。その結果かどうかは不明ですが、ファッションに敏感な人が多いと思います。

なのですが、多忙を極める仕事です。


働きづめの介護施設もあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると耳にすることがあります。給料の面もそうですが、休日に関しても、ちょうどいいところを探すのがベストな形だと思います。国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが条件です。


卒業できなければ、試験の受験資格がありません。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校受験のための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。

准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信過程で学べる学校が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。介護施設で介護士として働いていた知人は、病気を治療するためいったん退職しました。ですが、身体の調子が治ったら、早速現場に戻って、介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。
多少のブランクでも、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。

私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。介護施設側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、出された答えとしての配属であることが多いようです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。引く手あまたの介護士は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、雇用する側との面接になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。

しかし、実務的なことの他に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。介護士としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。
転職の際には、介護士の皆さんも履歴書が必要なのですが、注意すべきことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をいかに書くかです。


志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。



介護士資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどの程度だと思いますか?調べてみると、介護士国家試験の合格率は90%前後となっています。



内容もそれまでの学校生活で普通に勉強していた人だったら合格できますので、そこまで介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりがあえて派遣で働くということを選んだ介護士にとっての、主なメリットでしょう。単発の仕事あり、短期のものもあり、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。


なので、介護士の仕事を探しているのであれば条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。
多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても比較的大きな総合介護施設から地域の町医者まで様々にあります。



また、介護施設や保育園も介護士の職場と言えるでしょう。一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、当然ながら、介護士の場合も同じでしょう。地域の診療所と総合介護施設とでは、やはり給料も変わってくるでしょう。ですので、一般的な介護士の平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。


皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、とりわけ介護職に就く人たちがより必要性が高まると考えられています。



そういった理由で現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、今後もそれが継続すると考えられています。

毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。


少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護機関を利用する人も増え、介護士の仕事も大変になるばかりです。



労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった介護士もいます。夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、介護士の需要は高いままであり、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。



労働者一般の収入と、介護士のそれとを比べてみたら、平均年収という点でははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。



介護に関わる職場において一定数以上の需要が常に見込まれるので、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。
ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。



誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。


あの帽子というのは、介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。しかしながら、ここ数年の間に介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。

単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。
なかなかきつい仕事であることは確かですし、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。大変だと知りつつ、介護士という職業を希望し、勉強に励む人が多い訳は、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。
他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。
なので、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。

補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。
看護婦はハードな仕事と言われていますが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。

入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、介護士も介護施設に24時間いることになり、仕事は日勤業務と夜勤業務でシフトを組んで交代でこなしていきます。こうした交代制の勤務では、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。介護士の勉強をするための学校には大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。まず、大学はどういったところかというと、その時点での最先端の介護を含め、高度な勉強が可能であるということと、介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。


対する専門学校については、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。
さらに学費に関していえば専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。

皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、結果的に転職率が高いと言えます。

そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが存在しているのです。
これらの転職サイトを積極的に活用すれば、もっと簡単に自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の介護士にぜひ利用してもらいたいです。たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用すると、さらに有利に転職を進めることが出来ます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、介護士は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。女性のケースでは、派手なメイクは避けてTPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。
医師の仕事と介護士の仕事の間の、大きく異なっている点があります。

分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防指導を行ったり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。他方、介護士の場合は、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、患者さんのケアをするということが中心です。

免許が必要な専門職である介護士は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。


結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった諸事情による転職も多いですが、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。



もっと多くの経験を積むために総合介護施設を希望したい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。



介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師不足あるいは介護士不足が叫ばれています。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして時には急患にも対応しなければならず、多数の介護士は激務をこなしているのが実情です。
男性介護士の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、介護士の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも納得できる話でしょう。