読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライディーンの野澤

介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。


ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というシンプルな仕事でもないため、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。人によっては、介護士としてのレベルをもっと上げたい、として転職を希望する場合があります。規模の大きい介護施設に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、ポジティブな考え方の転職ですね。日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。



楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。
他と比べるとまあまあゆったりしている病棟とされるところは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな介護施設なのか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。


出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。

その際ですが、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。例を挙げるなら、結婚や転居、または出産、育児を理由とした辞職であれば、元の職場に出戻ってくるのも簡単です。


こういった事例は増加しています。

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。



普通、介護士としてキャリアを積んでいくと階級も上がっていきます。



階級として、婦長などはその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。

一口に介護士といっても、学生やパート介護士が珍しくなくなってきましたから、正介護士もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。
業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん介護士の世界にも存在します。


例えば、「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と働いている他の人にわかってもらう目的で現場でよく使われています。
そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、その影響です。

何であれよく使われ、親しまれている用語です。

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。

することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。

ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。勤務中の介護士というのは神経を張りつめていることが多く、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、心にも大きな負担がかかるということになります。


溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この先も長く続けたい場合は重要視した方が良いようです。



妊娠している可能性のある介護士には、特に気を付けてほしい事として胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。


エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、注意するに越したことはありません。同様に、薬にも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、注意するべきでしょう。



勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。

それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。かなり以前は、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると人々に捉えられていたようです。でも、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られることを、知らない人はあまりいないはずです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。こうしてみるとよくわかりますね。

介護士はかなりの高給を期待できる仕事なのです。介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も介護施設に24時間いることになり、仕事は日勤業務と夜勤業務で交代しながら働く形になります。

他の交代制のお仕事と同様、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。介護士という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。
介護士というものはストライキをすることも難しく、雇用する側の人達がきちんとした配慮を行うことが重要だということは言うまでもありません。ここ数年は介護士不足の傾向にあると考えられています。介護士資格を持っているけれども、介護士として働いていない人も多くいます。このように介護士が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。それは最終的には、介護士の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤介護士の場合、およそ11パーセントもあります。
女性の方が多数を占めている職場ですから、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それだけではなく、ハードな仕事であるということも離職率が高くなる一因でしょう。要資格の専門職である介護士ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。
きっかけが結婚や出産だったりその人の都合で職場を変えることもありますが、転職する人の中には、介護士としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。

そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。

そうでなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。


なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな介護施設に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

少々手間もあるのですが、利点が多い介護士の能力評価については、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。

個人ごとの能力を評価することを可能にするため、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った介護施設もたくさんあります。評価を行なうのは、毎月の介護施設や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。
また、介護士としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。



介護士の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。


介護士の介護行為というものは実は認められていないのですが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますとはいえ、患者さんの状態によって、急を要する場合には、経験豊富な介護士であれば、部分的に介護行為も認められる必要もあるのではないかと考えます。どうしても、介護士という職業においては愛煙家が減っているように思います。

実際のところ、その印象は間違っておらず、介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。
病気の患者と接する職業上、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が少なくない様子が理解できます。介護士の人間関係は、構築が難しいなどと、言われることは多いですが、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。

というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。

日常的にそんな環境に接しているとあまり良い気分もしないでしょうが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と達観しておくのが良いでしょう。
今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人介護士候補生という方々を受け入れています。


ですが、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、もし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。介護施設で介護士として働く場合、勤務時間が一定でないことに加え、ハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、実をいうと、介護士の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。


例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。


介護施設で介護士としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、育児との両立を目指す介護士にとって大変な懸念事項となっています。

小学生になる前の子供だったら、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。ですので、パートで働く形に変えていくという介護士も多数存在するようです。


すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。

夜勤のない職場に移ったとしても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに介護士の需要は高まっており、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。

介護士として勤務していくうちに勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。
しかし、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと思うことはいっぱいあります。

元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。一般的に、介護士という職業は比較的高給のイメージがあります。

現場の責任は重いですし、夜勤やシフトでの勤務など辛いことも多いですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが目立ちます。また、景気や経済に左右されにくいことも、介護士の安定性に一役買っています。

このような高給で安定した職場という面では介護士を選ばない理由はないでしょう。
滋賀県愛知郡愛荘町 介護求人・介護福祉士募集サイト

介護士だった知人は、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。



ですが、身体の調子が治ったら、すぐに現場に戻り、介護施設で介護士として今も元気に働いています。

ブランクがあっても、資格を持っていたら復帰も早いと思います。


再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。


私の仕事は介護施設事務です。

日常的に、仕事上で介護士の方と接することはあまりないのですが常にみなさん忙しく働かれています。
夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。けれど、私の心配とは無縁に、上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での介護士さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。
先生方も喜んで迎えられていて温かい雰囲気でした。ハードさで知られる介護士の仕事です。



そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、たいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。

昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について思い巡らすようなことになるのです。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護士は服装や外見を意識しておくことが必要になります。


メイクをする女性の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。

ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がガラッと変わると思います。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護の仕事を行う人々というのはますます必要とされる可能性があります。ですから、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。年ごとに多数の介護士が新たに生まれているのにもかかわらず、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも要因となっています。
多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、職場における対人関係や不規則な勤務形態です。やはり、女性が多い職場ともなると、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところもよくあります。


夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。



自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、環境の整った職場へ移るのも良いと思います。



注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。

注射されるのが好き、なんていうタイプは稀でしょうが、実際に打たれるとしたら出来るだけ痛くないようにお願いしたいですよね。でも、注射針を刺すのは介護士の腕次第ですから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。



この辺りは運としか言いようがありませんね。