読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BOSS(ボス)とバキューム

他の仕事と違い、介護士が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。



他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、小さな子供がいる人でもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、職場のみんなでともかくフォローし合えるのは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。


介護士の仕事内容がかなりハードだというのは事実で、しんどさを覚える場面も多いはずです。
二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの介護士は、体内時計を狂わせてしまって、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。
立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲労はたまる一方であり、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、そこでやっと、自分自身の受けている身体の負担について実感してしまうことはあります。不安を抱えた患者が安心して治療を受けられるよう、介護施設に勤める介護士は見た目にも注意する事が必須になります。中でも、女性の介護士は派手なメイクは避けて広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。すっぴんとは異なり、親しみやすくきちんとしたイメージになるので、印象が変わりますよ。


介護士は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。

引っ越し、結婚、出産という類の個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、中には、自らの介護士スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合介護施設で、最先端の看護を学びたい、などなど前向きな志望動機があれば良いでしょう。
女性に人気の高い職業の一つ、介護士になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。


さて、介護士を養成するための機関といいますといくつか種類があるのですけれど、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。昔から介護士さんになるのが夢でした。ですが、色々と事情があって就職し、結局OLになりました。ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、やはり介護士の資格が欲しいと悩んでいたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格を取ることが出来る事を知りました。
この方法で介護士の夢を叶えたいです。介護士にとってやはり辞職を考えることも往々にして起こります。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。ですが、それだけではなく、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいと実感することも多々あるのです。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。


病棟勤務の介護士として働いている者ですが、気付いたことは、介護士はどうやら喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、介護士としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。


しかし、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。
そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。
世間から見ると、介護士は収入の面で恵まれている印象を受けます。
もちろん、介護施設では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなどハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定的に待遇が良いのが目立ちます。
また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。高給が約束された安定した業種としては人気のある職業に介護士が挙がる理由も分かりますね。現在わが国では、EPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人介護士候補生として受け入れるということを行っているのです。


ですが、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には自国に帰らなければならないのです。


勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、大変シビアであるようです。



介護施設での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。

それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、対応には時間がかかるでしょう。クレームが入ることもよくあります。



どんなスキルが必要になるか、ということもどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。人気が高いと思われる介護士ですが、独身の女性も多いです。実際のところ、介護士の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると指摘できるのです。

挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、キャリアアップを最優先に考えるため、結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。

介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と関わらねばならないため、不信感や不安を与えないために、髪形に注意しておきましょう。
いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を第一にすることが良いと思います。とはいえ、職場の環境や方針次第では、髪形への規則の厳しさが変わるということを覚えておいた方が良いと思います。


正介護士は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須です。
看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。



ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校受験のための予備校に通う人も増えています。准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。
給料についてですが、介護士の場合は職場の規模の大小、公立か個人介護施設かなどによって、全く異なってくるようです。介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的介護機関であれば、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、それを支払ってもらえるでしょう。ところが、個人介護施設の方では、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立介護施設で、あとは介護施設によるようです。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり介護士は続けたい、というもので、どうしても転職したい、と強く思ったのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。



スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。

国外で介護的な支援を求めている人々に、日本の介護を提供できたらと思案している介護士の方もいるでしょう。現実に、海外で日本の介護に対する需要の高まりから、笑顔で患者を支えることの出来る介護士は、多くの国で求められている職業です。当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英語が必要になります。本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。

どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、介護士になって良かった、と実感します。
介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。


そういう訳で、仕事からやりがいを得られない場合は、退職したいと考えるだろうと思います。



「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。

双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。

この二つを漢字で書き表すとこうして二種の字で表せます。

過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、看護婦は女性と明確に分けられていました。

2001年の法律改正を機に、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な介護士の表記に一本化されました。

特に90年代の終わり頃でしょうか、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。
何しろ介護士の給料といえば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯の維持が可能なほどなのです。つまり介護士というのは確実に高給を得られる専門職なのです。


注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。
好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、もし注射されるのならば、出来るだけ痛くないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言うものの、介護士の技術によっては痛みなく処置してくれる介護士もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。

ほんの少し前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、ここ数年の間にだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。
日常の看護においては、患者の移動の介助をする時やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。お給料に関していうと女性とは変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。ここ数年はより一層、介護士の数が足りなくなってきていると言えます。介護士の免許を持っていても、介護士をやっていないというケースは少なくありません。



このように介護士が足りなくなるのは何故かというと結局のところ、介護士の離職率の高さにあると言えるでしょう。


離職率がどのくらいかというと、常勤介護士で11%以上です。


職場の大半を女性が占めており、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。


介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、それは介護士としてのキャリアを積んでいくしかありません。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。


ところで、更なるスキル向上を狙って働く場所を変えようとするケースもあるようです。最先端により近い、高度な介護行為を行なう介護施設で働くことにより、自分の介護士スキルの質を上げていこうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。



介護士の不足は十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。
和歌山県日高郡印南町 介護求人・介護福祉士募集サイト



その原因として代表的なものは、過酷な労働環境があります。
介護士が医師の指示がなくとも一部の介護行為をできるようになったため介護士一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。
あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、介護士の職を離れる人も珍しくないのです。



一口に介護士と言っても、勤めている科が違えば、介護士の仕事や処置もまた違います。

ローテーション研修は他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。
また、いち介護士として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。



今後の進路を考える事もできますから、やる気も上げられると言われています。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、これを行なう介護施設がかなり増えました。介護士の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、一からスケールを作っていった介護施設もあるようです。評価を行なうのは、毎月の介護施設や、一年に一度だけということもあります。



自分の能力評価を受け続けることで、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、やる気や、スキルのある介護士にとっては、とても良いシステムでしょう。
実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。
階級のトップからいえば、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総介護士長などと呼ばれる方々です。
具体的に、どのように階級が上がるのかというと、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。



階級が上がれば上がるほど、高い収入を見込めます。

仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、介護士をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。
そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自分の心身の健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。介護施設で介護士として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、介護士の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても実際に役立つことがよくあります。
いくつか例を挙げるならば、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。